Q&A

相談とカウンセリングの違いって?

明確な違いがあります!(少し長いですが、お付き合いください)

相談とカウンセリングは、同じものと受け止められていることがあります。

相談は問題解消を目的にしますがカウンセリングは相談者様自身の未解消な問題を意識化して行動変容を目的にしています。
「相談」では相談者様から提示された問題に対して、それぞれの分野に詳しいカウンセラーが具体的に
「こうしたらいいですよ。」「このようにしてみてはいかがですか?」というような答えを提示します。
この場合、回答は具体的な行動や考え方についてのアドバイスの形になります。
「相談」でのアドバイスにより問題が解消すればそれでよいのです。

しかし、何度アドバイスを聞いても問題が解消しない・・・、過去の未解消な問題の影響を強く受けている場合、
「確かにそれは良い方法だなあ」「その通りだな」と思っていても、実際にその行動や考え方が出来ないということが生じます。
このような場合には「その行動や考え方が出来ない背後の気持ち」に注目したカウンセリングが必要になってきます。
カウンセリングでは「こうしたらいいですよ」「このようにしてみてはいかかがですか」
というような答えをカウンセラーの方から提示することは基本的にはありません。
本当の答えは相談者様である皆様が無意識のなかに持っているのです。
この答えに気付き「意識化」をお手伝いするのがカウンセラーの仕事となります。
(気付き《意識化》から行動変容することにより新しい人生を歩むことのお手伝い)
私たちは現実の問題に遭遇すると、無意識のうちに過去の経験に基づいて判断し、行動を取り決めます。
現実に遭遇している問題と共通点のある過去の問題が自分の中で未解消なままになっていると、
その未解消な思いに強く影響をされた解消行動を取り始めます。
それは必ずしも本当に自分自身が望んでいる方向とは異なることが多いので問題をうまく解消する方法に進められずストレスとして認知されます。
カウンセリングは、現実の問題の中の《事柄》への着目からいったん離れ、
問題の背後に隠れている《気持ち》や《感情》に着目して進めていきます。
このように、進めることによって、今の問題に影響している過去の未解消な問題を意識化することを通して、
今の問題の解消方法に相談者様ご自身が気付くことを支援しています。
難しく言いましたが、カウンセリングは頭では分かっていて、こうした方が良いのも分かっているのにその行動が出来ない方をサポートしています。

どんなカウンセラーさんがいるの?優しい人?

みんな、相談者に優しい有資格の専門的なカウンセラーですよ。

カウンセリングルームたいようのカウンセラーは、様々な資格を持った専門的なカウンセラーです。

本当は顔写真を載せたいのですが、みんな恥ずかしがり屋なもので、写真はご容赦下さい。
また諸先生、医療機関の先生方のアドバイス・指導を定期的に受けております。

相談とかカウンセリングって効果あるの?

どのような効果をお望みか分かりませんが、ご参考までに・・・

「上司や同僚と仲良くできるようになった」「周りの対応が変わった」

「家族が円満になった」「子どもと仲良くなり、色々と話が出来るようになった」「良い方に考えれるようになった」
「行動が変わった」「悩みが解消出来た」等、相談者様からは様々なお声を頂いております。

また相談やカウンセリングで悩みや問題を解消した後、人によっては良いオマケが付いてくる場合があります。
例えば同僚との相談で来られた方が、その後家族とも仲良くなったり、一つの悩み事が解消されて、
別の悩み事が解消されたり、気にならなくなった人もいます。
効果は色々ですが、専門家に相談するだけでもすごく気分が楽になることは間違いないようです。
ただし、人によって回数がかかる場合があります。

お金はかかるの?

相談・カウンセリングはお金を払った方がより効果があります。

お金を払うことにより、自分自身の問題や悩みと真剣に向き合う姿勢が生まれます。

また言いたい事を言うためにもお金を払った方が言いやすいです。
自分をより良くしたいと考えるなら、自分自身への投資を惜しむべきではないと思います。

ただ、相談は無料だと考えられる方は、当カウンセリングルームとは別の方法ですが、自治体等の無料相談等をご利用下さい。

どんな人が利用しているの?相談内容は?

普通に生活している人達です。

来談して相談される方も、メールで相談されたり、電話で相談される方も全て、
皆様方の隣人・友人のような普通の生活を営んでおられる方です。

その方達が「自分一人では解消しにくいなあ」と考えるお悩みや問題を相談されています。
また、キャリアカウンセリングでは、お仕事をされておられる方が、
「自分を高めたい」という高い志を持って来られています。
女性と男性は6:4の割合ですね。
以前は圧倒的に女性の方が多かったのですが、近年は、男性の方も多くなっています。
誰のせいでもないですが、現代社会はコミュニケーションがどこでも不足していて気軽に相談出来る人が周りに少なくなっています。
また、過剰なストレス社会でもあります。
専門の相談機関に相談されない方のほうを結構心配しています。
自分では大丈夫だと思っていても、色々なモヤモヤとした悩みは虫歯と一緒で、どこかで解消しないといけないものだからです。
ほっておくと様々な精神疾患等を招きやすくなります。
何事も予防が大切!何かあったら誰かに相談する習慣を身につけておきましょう!

相談内容の一例

このままでよいのか不安・どうしたらいいの?・自分らしくしたい・自分と性格の合わない人との付き合い方・愚痴・漠然とした不安・イライラ
夫の親とうまくいかない・両親と考え方が違う・家族のうつ
離婚するか悩んでいる・暴力を振るわれる・会話がない
登校拒否・引きこもり・摂食障害・学校でのイジメ
恋人とうまくいかない・本当にこの人でいいのか不安・別れたい
人間関係が良くない・会社に行きたくない・転職・出世したい

カウンセリングの一例

人との付き合いが不安・緊張する・人に嫌われている気がする
子どもが怖い・子どもが理解出来ない・愛し方が分からない・思春期
DVを受けていて別れたいが別れられない・嫁姑問題
自分の行動を変えてほしい・自分の考え方を変えたい・心のモヤモヤ
自己啓発に関する悩み・心配事・退職に伴う不安・自分の能力・パワハラ、セクハラを受けた後のケア・復職支援(休職前・休職中復職後)
外出したいができない
親依存・子依存・不健全な付き合い依存・ギャンブル依存・ゲーム依存(アルコール依存・薬物依存は家族等のみ相談可です。)
生活に障害をきたす習慣や行動、考え方

どんな方法を用いているの?

折衷的心理療法です。

心の状態や経験してきたことなどは、人それぞれ違います。

ですから、ある療法だけが、皆様全員に適しているということはありません。
カウンセリングルームたいようでは折衷的心理療法
(相談者様のご相談内容や状態、相談・カウンセリングの経過を考慮しながら段階的に各療法の特徴を合わせながら、相談・カウンセリングを進める療法)を行っています。
簡単に言えば、いいとこ取りです。

自分でもよく分からない悩みで、しっかり伝えられるか不安だけど?

大丈夫ですよ!

モヤモヤした悩みや、何が原因か分からないけど心がしんどいということは、
誰にも起こりうることですが、自分が分からない事を他の人に伝えれるかご不安になられる方もおられます。

カウンセラーとともに自分を見つめ直すことによって自分でも分からなかった原因等が分かっていくものです。
ご自分のペースで結構です。
ゆっくりご自分の考えていることをカウンセラーにお伝え下さい。

宗教とか占いとか関係しているの?

全く関係ありません!

たまにこういうご質問をいただくのですが、全く関係ありません。

当カウンセリングルームは様々な各種療法やカウンセリング技法等を用いて
相談者様のこころのご負担を軽減したり、お悩みを解消するところです。
万が一、うちのカウンセラーが宗教行為や占いを始めた場合は、苦情をお申し立て下さい。
料金を返納します。
ただ、宗教も占いもご本人様の気持ちが楽になったり望まれるのであればそれは良いものだと思います。
そちらをご利用下さい。

友人や家族に相談するだけじゃダメ?

大変良い事だと思いますが、少し注意が必要です。

友人やご家族には大いに相談して下さい。大変、結構な事だと思います。

ただ、友人やご家族は、専門家ではありません。
「そんな事で悩んでんの?」とか相談して傷つけられる場合もあります。
話を親身に聴いてもらえない場合もあります。
守秘義務もありませんので、相談した友人等が誰かに言ってしまう場合も責める事は出来ません。
ご家族以外に誰にも知られたくない悩みを話される場合は少し注意が必要です。
また、法律的な問題を専門家ではなく、友人やご家族に相談される方もおられるようですが
法律的なトラブルは法律事務所以外で解消されることはありません。
知ったかぶりの意見や聞きかじりで動きまわれば傷口に塩をすり込むようなものです。
素人判断をするより弁護士への相談をお勧めいたします。
何の相談でもそうですが、専門家に相談された方が新しいものの見方が出来ますし、新しい行動方法も見つかるものです。
「どこに相談してよいのか分からない」お悩みは当カウンセリングルームへどうぞ。
友人やご家族とは、日常の出来事の会話や楽しい会話を楽しまれることをお勧め致します。

カウンセラーになるには?(Q&A)


scroll