政経レポートベスト①

2022.03.18

「政経レポート」という雑誌があります。

10年近く続けています。その中で、あなたに役立ちそうなものを

出させていただきます。

「自己マインドコントロール」

 

 あなたはマインドコントロールと聞いて、どんな印象を受けるだろうか?

最近マスコミをにぎわせたのは、オセロの中島さんのケースが思い出される。

財産を失い、健康を失い、自分らしさを失わせる。そのような情報が入っている人

にとって、マインドコントロールは良い印象を持っていないと思う。

 

 ただ、あなたもマインドコントロールの支配下に置かれている事に気づいているだろうか?

誰のマインドコントロール?それはあなた自身のマインドコントロールだ。

人は自分自身のマインドコントロールの範囲内で生きている。

 

 では、あなたに質問だ。どうやってそのマインドコントロールは人知れず遂行されている

 と思うだろうか?少し考えてみて欲しい・・・

 

 答えは言葉だ!あなたが普段、何げなく使っている言葉だ。

 口グセだ。人は自分の口グセによってマインドコントロールを受ける。

 こんな話を知っているだろうか?

 

 「あなたは何かを世の中のために成し遂げる人間だ」と言われて育った子どもは、

何か世の中のために良い事をしようとする大人になる。

逆に「お前はダメだ」とか「本当にバカだな」とか言われて育った子どもは、

自分で何かを変えない限りバカでダメな大人にまっしぐらになっていく。

 

 夫婦の日常の会話でもこんな調査結果がある。

妻や夫の否定的な発言が、肯定的な発言の5倍を超えると、その夫婦は94%の確率で離婚する。

「ダメな夫」「気が利かない嫁」などと冗談で言っていても、だんだんと言葉の

マインドコントロールを受け、相手をダメな夫、気の利かない嫁と自分の言葉で

信じこんでしまうからだ。

 

 あなたはこんな口グセを持っていないだろうか?

・「お金が無い」 ・「自分にはムリ」 ・「あり得ない!」 ・「できる訳ない」

・「負けた」 ・「失敗する」 ・「体の○○の調子が悪い(病気自慢)」

・「自信がない」 ・「困った」 ・「忙しい」 ・「上手くいかない」 ・「○○すべきだった」 ・「○○が必要だ」 ・「むかつく」 ・「頭がよくない」 ・「最低!」

 これらの口グセをお持ちなら、早めに止める事をお勧めする。

何故なら、マインドコントロールを受けて、その様になっていくからだ。

「忙しい」が口癖ぐせだと、どうでもいいことまで抱えてひたすら忙しくなってしまう。

「頭がよくない」はあなたの記憶力低下などを招く。また悪口も良くない。

脳が自分の事と判断してマインドコントロールを受ける。

 

 今回あなたにお願いしたい事は、自分の口ぐせを3つ書き出してほしい。

自分で分からなければ誰かに聞いてほしい。そしてマイナスな口グセがあるのなら、

ポジティブなモノに変えて欲しい。例えば「忙しい」なら「毎日充実している」などだ。

自分が思いつくプラスな言葉に変えて欲しい。言葉の力は凄い。

あなたがプラスな言葉を使うようになるだけで、あなたの人生を変える力をくれる。

是非、口癖グセを変えてみよう。

COLUMN

たいよう先生のコラム

PAGE TOP