カウンセラー資格って、どんなのがあるの?

2019/02/13

今日は、カウンセラーを目指している方から、よくいただく質問に答えようと思います。それは、カウンセラー資格を取得したいが、何がよいか?という質問です。
ただし、今回の掲載は、私の考え方です。是非、他の方の考え方もご参考になされてください。

現在、カウンセラーを仕事として始める上で、資格は特に必要ありません。もしあなたが無資格でも、明日から「○○カウンセリングルーム」とお店を出しても、法律で裁かれる事はありません。これはコンサルタントもそうです。ですから現在、あなたが資格が無くても、独学で様々な本を読まれて、ルームを開く事は可能です。
ただし、信頼性はとても薄いものになります。例えば、あなたがカウンセリングを受けたいと思ったら、有資格者と無資格者では、どちらのカウンセラーに話を聴いて欲しいかと言えば、ほとんどの方が有資格者を選ぶと思います。
また心理学や心理療法の勉強というものは、実はクライアントのためにあるものではありません。カウンセラーを守るものがほとんどです。例えば勉強をしていないカウンセラーは、言動をおかしく感じる相談者の理由を見つける事ができず、自分が苦しみやすくなります。勉強をしているカウンセラーは、なぜ相談者がそういった言動をとるのか?を簡単に見抜きやすくなるのです。
なので私は、何か資格を取得されてから、カウンセラーをされる事をお勧めしています。

では、カウンセラーの資格には、どのようなものがあるでしょうか?

まずは取得が比較的簡単なものとして、各種団体や、各企業が認定する、様々なカウンセラー資格があります。こちらは、それぞれの企業や団体の規定する内容をクリアすると資格が取得できるものです。安いもので3万円くらい。高い物だと80万円くらいの資格もあります。企業や団体によって、また活かしたいカウンセリングの場によって取得を考えられるのがいいと思います。
そして比較的、社会的信頼が高いのが、臨床心理士と産業カウンセラーです。以前は「準国家資格」と言う方もおられました。この2つの資格は公の機関で働ける可能性が非常に高いです。一昔前は、スクールカウンセラーなどは、どちらかの資格を持っていればなれました。また企業の相談室や、行政の様々な相談窓口、精神科や心療内科などのカウンセラーも、このどちらかの資格を取得されている方が多いようです。
さらに今はカウンセラーにも国家資格が誕生しました。一つは「キャリアコンサルタント」。もう一つは「公認心理師」です。この2つはやはり国家資格、とても信頼性が高く、あなたのカウンセラーとしての仕事の大きな助けになるでしょう。キャリアコンサルタントは、比較的簡単に取得できるようです。各団体が行う勉強会に参加して、受験資格を得て、試験に合格すると名乗れます。公認心理師は、大学まで通って勉強をしないといけないので、取得がとても難しいものになっています。

私の資格はというと、現在は産業カウンセラーとキャリアコンサルタントを取得しています。この2つの資格のお陰で、スクールカウンセラーや行政の相談窓口の仕事などもさせていただく事ができました。公認心理師は、受験資格を持っていますが、前回の試験は子どもの運動会と重なり受けれず。。。今年に期待しています笑

このようなカウンセラーの資格の中で、私が最も勧めるのは、キャリアコンサルタントです。国家資格でもあり、値段もスクール料金がだいたい37万円前後と、国家資格にしては安いと感じます。同じような金額を払うのであれば、断然国家資格をお勧めします。信頼性があり、国が決めたカリキュラムに沿って講師も教えてくれるので、あなたも勉強が楽にできると思います。
その後、様々な企業や団体が主催している資格を取得されればよいと思います。

私はカウンセラーになって思うのです。この仕事は生涯新人で、生涯勉強するという気持ちが必要な職種だと。辛い想いもしますが、その分、人生で得る喜びも多い仕事です。あなたがカウンセラーの仕事に少しでも興味を持っていただき、多くの人に元気を与えられるカウンセラーになってくれたら、とても嬉しいです。

COLUMN

たいよう先生のコラム

PAGE TOP